未分類

信用を得るために

企業にとって、そのように企業法務が行える法務課を設置しておくことには、たくさんのメリットがあります。同様に、私達個人もその体制に習うことが出来ます。すぐに対応できるということは、準備が万端であるということです。それは企業にとっても、大きな損失を回避することにもなりますし、私達個人にとっても、様々な損失を回避することになります。

個人であれば、それが信用問題に発展することはほとんどありませんが、企業においては金銭面だけで無くそれが重大な信用問題に発展することがあります。ですから誰もがその点を注意しておかなければならないと言うことは理解していると思います。

企業はある意味で多くの人を玄関口に迎え入れなければなりません。その玄関口に来る人は、私達の友人のように、一筋縄ではいけないかもしれません。だからこそ、その玄関口を出来るだけ綺麗にしておくような、そんな準備が必要であると言えます。それは誰もが出来ることです。私達個人であっても、それはできることです。法的なトラブルに直面したとき、それをすぐに対応出来る準備をしておくこと、そしてそういったトラブル自体が起こらないように、対応を行っておくことが出来ます。

未分類

すぐに対応できること

誰もが様々なトラブルに遭う可能性があります。そしてそういった事態には、すぐに対応出来ないこともあります。会社におけるトラブルもそうである場合が多いので、いわゆる鉄則のようなものを守る必要があります。まずは、トラブルが発生したら、すぐに対応すること、です。時間を置いてはいけません。ことが重くなる可能性があります。ですからすぐに対応することが求められます。

また、弁護士など、すぐに頼れる先を見つけておくということです。この点で、『顧問弁護士』を雇っている会社もあります。何らかの問題で裁判に発展したときも、すぐに対応することができます。また、顧問弁護士が入れば、そういった問題にすぐに対応出来る準備が出来ていることになります。問題が発生する前に、必要な準備を行っておいて、問題自体が発生しないように必要な対処をしておくことができます。これは企業法務においてもとても重要なことと言えます。問題にすぐに対処出来る準備も必要ですが、問題そのものが起こらないような準備をしておくことが出来ます。

私達個人もそういった問題にすぐ対処出来るように、準備をしておくことが大切であり、問題そのものが起こらないようにしておくことができます。

未分類

トラブル対策に

では、企業法務とは、どういった業務なのでしょうか。その名前にあるとおり、法律関係の問題を専門にする、そういった業務です。会社は、どこか他の会社と取引を行っています。その取引上、トラブルが発生することもあります。そういった問題は、すぐに対応出来なければ、事態が悪化する可能性があります。そういった場合に備えて、企業法務を行う『法務部』という部を設置して、すぐに対応出来るようにするのです。もちろん法務課が行うのはそれだけではありませんが、主にそういった事態に対処するために設置されます。

では、どのようなトラブルが発生しうるのでしょうか。例えば、取引先と金銭的な問題が発生するかもしれません。また、従業員から訴えられることだってあります。顧客からもその可能性はあります。そういった様々な事態を想定することはできますが、いざ対処するとなると、事態がややこしくなることもたくさんあります。ですから、そういった専門の部署を設けておくことによって、そういった事態にすぐさま対応出来るようにします。

これは私達個人にも同じことが言えるかもしれません。いつどんなときに法的なトラブルに巻き込まれるかもわかりませんので、そういった事態に備えておくことが大切です。

未分類

企業法務―なぜ必要?

法律という問題はとても難しいものですが、誰もがそれに立ち向かわなければならない時があります。そういった問題はとてもデリケートなものであって、自分だけではとても解決出来ないと思うこともあります。そういった事態に直面したとき多くの人はどうすれば良いのだろう、と路頭に迷ってしまうことがありますが、私達は誰もがそういった事態に直面する可能性がある、ということを考えておく必要があります。

例えば、いきなり痴漢の疑いを掛けられる可能性があります。男性と女性が分けられる、女性用車両が出来てからはその可能性も減少したかもしれませんが、未だに被害に遭う女性、そして痴漢をしていないのにもかかわらずその疑いを掛けられる男性がたくさんいます。これらのことを考えると、私達はどのように生活していけば良いのだろう、と思わされることがあるかもしれません。確かに、そういった事態は深刻なものです。自分では対処しきれないからです。しかし、そういったときに私達は『弁護士』のような存在に助けられる場合があります。弁護士は法律のプロ、と言えますので、そういった場面でも私達の見方となってくれます。

これは個人だけで無く、会社という大きい単位でも同様のことが言えます。会社という単位は、私達個人よりも、こういった問題に直面する可能性が多いでしょう。なぜなら、それだけ多くの人と関わるからです。ですから最近では、そういった法的問題にすぐに対処出来るように『企業法務』が行われています。